賃貸退居はこうする

賃貸退居で注意すること

賃貸を退去する際の連絡について

賃貸のアパートやマンションを退去することが決まったら、早めにその連絡を大家や管理会社に行いましょう。一般的には1か月前までに連絡するのが普通ですが、契約内容によってはそれ以上前に申し出る必要がある場合もあります。入居時の契約書の確認をしておくと良いでしょう。万が一、申し出が遅くなった場合には、余分に家賃を請求される場合もあります。ですから、引越しが決まったらなるべく早く申し出をするようにしましょうまた、駐車場を借りている場合も早めに申し出るようにしましょう。賃貸のアパートやマンション同様に余分に駐車場代を支払うことになりかねません。

退去時に注意すること

賃貸を借りて住んでいると、いずれは出て行くことを考えなくてはいけませんね。このとき、原状回復義務というものがありますから、住んでいるときも出て行くときの事を考えて生活しなくてはいけません。普通に生活していて、普通につく傷や汚れは構わないのですが、クリーニング費用や補修費用がかかってしまうと、敷金が返ってこなくなります。ですから、退去時にはできるかぎり掃除を頑張ってキレイにしておくことが大事です。賃貸は自分のものにはなりませんが、出るときにきれいにしておけば、敷金がほとんど返ってくるというメリットがあります。

賃貸退居のマナー情報